レディースローン 審査

レディースキャッシングの対応が優しい会社はどこ?

銀行カードローンでも即日融資可能!

 

レディースキャッシング

女性の方で初めてのキャッシングにどうしようと戸惑う方もおられるかもしれません。

そんな時是非おすすめしたいキャッシング会社があります。

 

そのキャッシング会社は三井住友銀行のグループで信頼が持てる安心感があります。
変な所で借りてしまうと後が怖いような、そんな気がして一歩踏み出すのを躊躇している女性も三井住友銀行系列ならば安心度も高まることと思います。

 

そして電話で申し込む場合、対応してくれるオペレーターが女性に限られているという点がとても最初に電話を掛ける時心配しなくて済む点だと思います。

 

女性キャッシングのレディースプロミスならわからないことも親切に応対してくれます。
電話料金も一切無料のダイアルですので料金を気にせず、込み入った相談にも対応してくれます。

 

また主婦の方でもキャッシングができる方法もありますので、自分は審査に通るか不安という方は直接電話で聞いてみると方法策があると思います。
学生でもアルバイトでもキャッシングが大丈夫なので短時間のパートのお仕事しかしていないという主婦の方でもわりとすんなりと審査を通ることが出来ると思います。

 

消費者金融で可決になる理由と銀行との基準の違い

消費者金融によっては、やや独自の審査基準を採用している事があります。なぜなら他社で難しかった方が、そのタイプの金融会社で借りる事ができている事例もあるからです。

 

人々の中には、たまに銀行に申し込みをしている方も見られます。ところが何かの事情があって、銀行で断られてしまう事例もあるのです。

 

その場合、前述の消費者金融は1つの選択肢になります。現にそのタイプの金融会社には、銀行で断られた方が申し込みをしている事も多々あるのです。そして、審査に通っている事例も多々あります。ですので一部の方々にとっては、消費者金融は頼もしい存在とも言えます。

 

なぜ銀行で断られた方がその会社で融資を受けられるかというと、独自のシステムを採用しているからです。銀行の場合は、審査の為に情報共有のシステムを用いている傾向があります。大部分の金融業者が閲覧できる情報システムがあるのですが、それで自動的に審査落ちになる事例が多いです。

 

ところがは消費者金融の場合は、そのシステムを使っていないケースが多いのです。あくまでも独自の基準で審査を行っているので、銀行での融資可否はあまり関係ない訳です。

 

ですので万が一銀行で断られたとしても、諦めずに消費者金融に申し込みをしてみるのも良いでしょう。

キャッシング返済で困らないための使い方

キャッシングの返済と滞納は、借入れしているとどうしても不安になるものです。万が一滞納してしまうと、そのまま次の借入れにまで影響を及ぼしかねません。そのため、いざ返済をする際に困らないためのポイントを、いくつか抑えておきましょう。特に、使い方一つでキャッシングは大きく変わります。

 

まず最初に考えたいのは、何にキャッシングを使用するか、という点です。今手に入れないとなかなか手に入らない一品、どうしてもお金を用意しなくてはならない状況では、借入れも仕方ないかもしれません。しかし、ちょっとした買い物でのキャッシングや、消耗品や食品を購入する際頻繁にキャッシングを利用していては、それだけ返済額も大きく買ってしまいます。結果、滞納する可能性も大きくなるでしょう。

 

また、キャッシング以外に方法がないのか、一度考えてみましょう。不要なものを売りに出す、オークションを利用するなど、お金を用意する方法は意外とあります。面倒かもしれませんが、ちょっとしたことにキャッシングを頻繁に利用するのではなく、あくまで最終手段としてキャッシングを捉えておきましょう。

 

キャッシングに対する心構え一つで、キャッシングの扱いが大きく変わるのです。キャッシングは精神的に頼れる存在ですが、だからといって頼ってばかりでもいけません。もしもの時の備えとして用意しておけば、キャッシングはこれ以上なく頼りになるはずです。滞納を避けるためにも、それ以外の方法からまず探してみましょう。

専業主婦の方でもキャッシングは可能

主婦の方がキャッシングをする場合、申し込める会社はある程度限られてしまいます。アコムやプロミス等の消費者金融なら簡単に借りれそうなイメージがあるかもしれません。ですが実際は、総量規制という法律があり、夫も含めて年収の1/3までしか借りられません。申し込みの際には夫の同意も必要になります。

 

そもそも、消費者金融、銀行に関わらず、申し込み条件として自身に安定した収入が求められる場合が殆どです。ただ、これはパートやアルバイトでも大丈夫ですので、パートに出られているのでしたら問題なく借りる事が出来ます。

 

専業主婦の人の場合は、消費者金融では借りる事は出来ませんが、銀行のカードローンという手があります。総量規制対象外の銀行を選べば、本人に収入が無くても申し込み可能です。ただし、銀行ごとに上限が定められています。例えばみずほ銀行なら30万までです。

 

気を付けてほしいのですが、総量規制対象外の銀行なら必ず審査が通るという訳ではありません。実際、知り合いの専業主婦の方が、三井住友銀行のカードローンに申し込んで通りませんでした。やはりメガバンクですと審査は厳しいのかもしれません。

 

逆に緩いといわれているのが楽天スーパーローンです。申し込み書類に記入して、身分証明書のコピーを付けて送付する、といった当然とも思える手順さえありません。ネットで入力、身分証もスマホで撮影した画像を添付するだけ、しかも専用のアプリまであります。

 

上限も50万と、先ほど例にあげたみずほ銀行より高いですし、審査も緩いので主婦の人にはお勧めです。デメリットとしては、利便性を考えると楽天銀行の口座を使うことになる事でしょうか。何故それがデメリットかというと、楽天銀行から現金を下ろすには、毎回手数料がかかってしまうからです。